clubspiritsu12.jpg

​指導理念・方針

​『魂=SPIRIT』で闘えるプレーヤーがスキルを高める!

現在の足が速い・遅い・身体が大きい・小さい、周りに比べて上手い、下手など関係ありません。

『闘う姿勢』『諦めない心』『自分や誰かのために頑張れる力』この『SPIRITS』が、すべてのプレーにつながりバスケットボールスキルを高めると考えます。

人それぞれの個性と得意を発揮することのできる環境づくりを大切にすることで、自信を最大限に身につけるように導きます。その自信こそがプレーヤーの心を強くするのです。

1, 選手それぞれの特徴を見つめ、どう伸ばしていくかを見極めること。

選手によって伸びるタイミングは違います。「このプレーだけは誰にも負けない」「これだけは絶対的な自信がある」といった個々の強みを探究し見つけ出しそれをチームで表現できるよう指導します。

2, 感性・感覚を大切にすること。

指導者が「これは違う!」「こうしなさい!」のように押し付けるのではなく、選手自身の感性や感覚を大切にし、そこからプレー中の「判断方法」や「相手との駆け引き」が得意になれるように指導します。 

3, 「考える」コミュニケーションスキルを身につけていくこと。

選手ミーティングを重視し、課題や修正点、良いポイントを発見し共有しそれを解決してくための「考える力」を伸ばし「自己表現」「周りの意見を聞き尊重する」などの社会に出ても必要とされる「コミュニケーション力」を磨いていきます。

SPIRITSの特徴

​知識豊富な専属トレーナーのトレーニング

強化メニューに特化したレッスンを実施

JBA公認資格を取得した指導者のみ採用

高度な技術と知識を身に付けることができる

​豊富な経験と実績のあるコーチが指導

​大会や合同練習など積極的にチーム参加

​行動指針 ❶

□ プレーヤーズファースト

・全てのプレーヤーがバスケットボールを楽しむ環境を創る

・決して・暴力・暴言・体罰となる指導は行わない。

1, 練習、練習試合、公式戦はメンバー全員が参加できる機会を与え、挑戦できるようにコーチはゲームプランを作り実行する。

2, 勝利至上主義の指導は行わない。厳しい言葉を発するような導き方ではなく、選手自らが「勝ちたい」「このチームが勝つにはどうすれば良いのか」を考え行動できるチーム作りと指導を目指します。

3, 選手の行動や言葉を尊重する。選手へ伝える言葉は丁寧を心がけ、理解できるまで真剣に向き合い、寄り添い導いていくような指導をする。

Light Gray Basketball Logo.png
Light Gray Basketball Logo.png

​行動指針 ❷

□ フェアプレイ精神

▷1人のバスケットボール選手として常にフェアプレーを心がける

1, 転倒した選手がいれば、手を差し伸べる。

2, 仲間が熱くなる時も落ち込んだ時も、違う方向を向くのではなく同じ方向へ進むために「ハドル」を組み修正していく。

3, 乱暴なプレーやファールはしない。

4, 審判へのクレームはしない。

□ リスペクト 感謝の気持ち

▷自分自身の今があることへの感謝を忘れずに常にチームの仲間や相手チームの選手、保護者へ、自分に関わる全ての人へリスペクトの気持ちを持ち表現できること。

1, 挨拶や返事を自発的にする。

2, 常に相手を思いやる。

​『One for all , All for one』の精神で行動する。

shota-konno.JPG

CLUB
SPIRITS

CLUB SPIRITSは未来の選手たちへ

バスケットボールへの​想いを伝える。

​心技体を磨き輝かせる。